本文へスキップ

[さいたま市浦和区] キネシオロジー&ヒーリング スピリチュアルカウンセリング セラピールームmigiwa

ご予約・お問い合わせはこちらのページからどうぞ

さいたま市浦和区 JR北浦和駅東口下車

はじめての方へAbout us

キネシオロジーとは

心と体がつながっている、とはよく言うことですが、心の奥底にあるものが、体の反応として目に見える形であらわれてくることをご存知ですか?

人は、ストレスがかかった状態では、体をうまく動かすことができません。それは、筋肉が「スイッチオフ」のような状態になっているのです。

キネシオロジーでは、体の筋肉の反応を調べることで、ストレスの有無を確認することができます。さらに、体の反応を手がかりにして、心の中、いわゆる潜在意識の中にある情報を読み取ることができます。

キネシオロジーを利用するセッションでは、あなたがお持ちの問題について、その出所や関連事項を、あなたの潜在意識に問いかけていきます。必要な気づきを得て、あなたが望む方向に一歩踏み出すのをお手伝いいたします。


セラピールームmigiwaについて

キネシオロジーのよい点のひとつは、体が今必要としているものを、ピンポイントで特定できるということです。

私のキネシオロジーとの出会いは、息子のアトピーで悩んでいたとき。
「アトピーにはあれがいい」「これが効く」「あれはダメ」「これは悪化させる」などという、様々な情報に振り回されて、疲れ切っていたときのことでした。

世間にあふれかえる情報の中で、本当に息子にあてはまるものを、息子の体に直接きいていけるなんて!
キネシオロジーの方法論は、私にとって衝撃でした。

その後、生活にキネシオロジーを取り入れることで、私はどんどん楽になっていきました。

その恩恵を、自分と家族だけのものにするのではなく、もっと広くおすそ分けしていかなくては、という思いが湧いてきて、やがて私はセラピストとして歩み出すことになりました。2007年春のことです。
それは、キネシオロジーを学び始めたときには考えてもみなかった、人生の大きな転換点でした。

migiwaという名前は、セラピストとしての開業を考えていたときに、まるで上から「降ってきた」かのように、自然に浮かんできた言葉でした。



「主は我を緑の野辺に伏させ
 憩いの汀(みぎわ)に伴いたもう
 主はわが魂をよみがえらせ
 御名のためにただしき道へと導きたもう」


聖書・詩篇23篇の一部です。

 "魂が憩う場所"
 "魂がよみがえる場所"
 "魂がそこからふたたび歩み出す場所"

セラピールームmigiwaは、そんな場所でありたいと願っています。


セラピストのプロフィール

セラピストname  麻(あさ)

1965年12月1日、群馬県前橋市に生まれる。曾祖父、祖父、父と、3代続く医者の家系で、自分も一時は医学部進学を目指す。しかし、高3の12月という受験直前の時期になって挫折を感じ、突如として文系に転向。そのまま受験に失敗し、上京して1年間の浪人生活の後、都内の国立女子大に入学。英文学を専攻し、修士課程まで進むかたわら、専門学校で翻訳を学ぶ。卒業後は、英語の非常勤講師などを経て、フリーの翻訳家となる。

大学院在学中に学生結婚。1996年に長女が、2003年に長男が生まれる。子どもたちは2人ともアトピーがあり、悩みながら子育てした経験から、やがてセラピストの道をたどることに。

くしくも、人の健康に関わる仕事をしたいと志した、10代の頃の自分に立ち戻り、かたちは違っても、心身のすこやかさのお手伝いを日々続けている。

翻訳家としては、ロバート・A・モンロー著『究極の旅』、ブルース・モーエン著『死後探索シリーズ』などを翻訳した。(旧姓本名・塩崎麻彩子名義で翻訳)
インテグレイティッド・ヒーリング(IH)のテキスト翻訳も担当している。


[学んだものの一部]
・キネシオロジーとしては、
  タッチフォーヘルス(レベル1〜4) 
  3in1(レベル1) 
  ブレインジム 
  ビジョンサークル
  インテグレイティッド・ヒーリング(IH) (パスウェイ、コンセプツ、ボディ、マインド)
・音叉ヒーリング
・臼井レイキ(ティーチャー取得)
・PHIコルテエッセンス(プラクティショナー取得)
・ヒプノセラピー
・ホットストーンセラピー
・カモワンタロット(初級)
・ATIHワークショップ
  ……などなど。


セラピールーム migiwaセラピールームmigiwa

埼玉県さいたま市浦和区
JR京浜東北線 北浦和駅東口下車
バス7〜8分+徒歩5〜6分

(詳しくは、ご予約後にお知らせします)

*こころと身体のご相談
*人生相談
*スピリチュアルカウンセリング